メニュー

ドライアイ対策

[2019.12.05]

 みのり眼科は桜の頃に開院しましたが、あっという間に師走となりました。最近、急に寒くなって、慌ただしくなってきましたね。

今年は暖冬で降雪は少ないだろう、との長期予報ですが、本当にそうなる事を願っております。

 体調不良でしばらく入院していたみのりんごですが、先日無事に退院してまいりました。退院後は動きもスムーズで元気いっぱい院内を歩き回っています。

image6

 

 さて、みのりんごブログ最新号『ドライアイ対策』です。

 

 ドライアイの治療に関しては当院ホームページに詳しく書いてありますので、ご覧ください(こちら から)。

 今回のブログでは保険診療内ではないですが、自宅でできるちょっとしたドライアイ対策について書きたいと思います。

 まずは『洗眼のススメ』の時にオススメしたアイシャンプーです。まつ毛の根元近くには涙液の油分を補給する分泌腺があります。ドライアイの患者さんの中にはこの分泌腺が詰まってしまっている事で症状が悪化する方が多いですので、アイシャンプーで念入りにマッサージするように洗眼してください。

 

 しっかり洗眼した後は、目の周りを温めて、血流を良くするのがオススメです。血流が良くなると涙の分泌量が増えるのでドライアイ症状が和らぎます。

 

 温める方法として蒸しタオル等を使用される方もいますが、すぐ冷めてしまうので手間の割にはあまり効果的ではありません。ドラッグストア等で売られている蒸気の出るアイマスクですと10分くらい持続するので効果的です。

 ただ、毎日使用するとなると結構なコストがかかりますので、頻繁に使用される場合は繰り返し使用可能なホットアイマスクをおすすめしています。

 

 電子レンジで繰り返し温めて使用できます。冷凍庫で冷やす事で目の周りを冷やす事もできる優れもので、眼精疲労の方にもオススメしています。

 

 ドライアイが悪化するのはエアコンによる乾燥が強くなる冬と夏です。眼に乾燥したエアコンの風が当たる事で更にドライアイが悪化します。

 

 それを防ぐためにおすすめしているのがこのメオガードです。

 元々は手術後の保護用眼鏡です。写真のように一見普通の眼鏡ですが目立たないようにフードが備わっていて不快な風やホコリ、花粉等の侵入を防ぐのでアレルギーの方にもおすすめしています。

 UVはもちろんブルーライトまでカットしてくれますので、購入された方にはとても好評で、家族の分もリピート購入される方もいます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME