メニュー

アレルギー性結膜炎の治療

結膜は角膜(クロメ)以外の眼球のシロメの表面とマブタの裏とを覆っている半透明の粘膜です。ここに炎症がおこる病気をすべてまとめて結膜炎とよんでいます。よく『結膜炎』=『すべて他人に感染する』と勘違いされている方が多いですが、感染するのはごく一部の結膜炎で、原因の区別なく結膜が充血したりメヤニが増えたりするものはすべて結膜炎とよばれています。

343575

結膜炎には大きく分けて、急性結膜炎と慢性結膜炎があります。急性結膜炎としては感染性結膜炎が多く、慢性結膜炎としてはアレルギー性結膜炎が多くみられます。

スギ花粉症に代表される、特定の季節にのみ症状があらわれるものを季節性アレルギー性結膜炎といい、一年中症状がみられるものは、通年性アレルギー性結膜炎といいます。重症のものでは、お子さまに多くみられる春季カタル、ソフトコンタクトレンズを使っている人に多い巨大乳頭結膜炎などがあります。

症状としては目のかゆみがアレルギー性結膜炎の特徴で、他に異物感や充血やむくみ、メヤニなどがみられます。

allergy_kosuru_me_woman_kafun

 

 

アレルギーの原因としては様々なものがあり、採血検査などで原因を特定することも可能です。当院でも数項目ではありますが、少量の血液で何のアレルギーか診断する検査があります。(保険適用)

 

治療には、抗アレルギー点眼薬(抗ヒスタミン薬、ケミカルメディエータ遊離抑制薬)が、主に使われます。ケミカルメディエータ遊離抑制薬はアレルギー症状が出現するのを予防する効果があり、抗ヒスタミン薬には今現在困っているかゆみなどの症状を抑える速効性があります。

両方の効果を持つ点眼薬もあり、副作用もほとんどないため、これが第一選択薬となります。これらの抗アレルギー点眼薬は点眼を継続することによって(予防効果+速効性)、安定した効果が得られますので、かゆい時だけ点眼しても効果は得られません。

薬が効いてるうちは症状が楽になるため、良くなったかな?と思って点眼をやめると元に戻ってしまって効果が弱くなってしまいます。アレルギー症状を抑えているだけで、効果が切れると元に戻ってしまいますので、点眼回数を減らすくらいなら良いですが、中断しないように使い切ってください。

アレルギーは原因がある間は決して治りません。残念ながら目の症状には内服薬はあまり効果が得られないようです。重症の場合には、ステロイド点眼薬や免疫抑制点眼薬などを使用する場合があります。

ただ、特にステロイド点眼薬は眼圧上昇や白内障の進行を助長するなどの副作用も多い薬ですので、頻回使用や長期連用は避けるべきです。

アレルギー性結膜炎のなかでも、症状の出やすい時期が予測できる花粉などが原因のアレルギー症状の場合には、『初期療法』という治療も保険適用されます。症状が出る前の、花粉飛散時期の約2週間前から、または症状が少しでもあらわれたら、抗アレルギー点眼薬による治療を始める方法で、花粉飛散ピーク時の症状が軽くなります。

 

アレルギー性結膜炎の対策のポイントは、日常生活でできるだけアレルギーの原因に触れないことです。

 

花粉症対策
  • 外出時はメガネ、マスク、帽子を着用する
  • 帰宅時に玄関ドアの前で衣類や髪についた花粉を払い落とす
  • 帰宅後は必ず洗顔し、できれば手洗いとうがいもする
  • 防腐剤フリーの点眼薬もしくは洗眼液で洗い流してから抗アレルギー点眼薬を決まった回数使用する
  • 洗濯物、布団は外干ししない、もしくは花粉をしっかり払い落としてから取り込む

 

ハウスダスト対策
  • 乾燥に注意して加湿器を上手に使用する
  • こまめに掃除をする(乾燥したまま掃除するとかえってホコリが舞うので注意!)
  • たたみやじゅうたんはダニが繁殖しやすいため、床はフローリングにする
  • 布団は天日干しをする、もしくは丸洗いできるものを使用する

 

現在、3人に1人が何らかのアレルギー疾患を持っているといわれています。特にスギ花粉症に悩む人は毎年増え続けています。

この理由としてスギ花粉の飛散量が徐々に増えていることが指摘されています。スギ花粉の飛散量は、前の年の夏の気候に大きく影響されるといわれています。猛暑で雨の少ない夏の翌年は、花粉の飛散量が多くなるそうです。

また、花粉が飛び始める時期は、1~2月の気温が高いと早くから飛散するといわれています。天気予報や花粉情報に気を付けて、早めの対策を心掛けましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME